ヘアカラー種類って?

ヘアカラーといっても、そこにはさまざまな種類があります。
カラーの種類だけで見ても簡単には把握できない程の量があることはわかりますが、実はヘアカラーの種類だけを見ても、かなりの量があるのです。
ヘアカラーを大きく分けると、染毛剤と染毛量の2種類になります。
染毛剤は医薬部外品で、染毛量は化粧品となっています。
化粧品に分類されている染毛量には、手軽に使えるものが該当します。
半永久染毛か一時染毛かという違いがありますが、そこまで考える必要はありません。
医薬部外品の方は、永久染毛剤や脱色剤などが該当します。
ヘアカラーを使う上で、どれがどんな種類なのかは細かく覚える必要はありません。