赤ちゃんの水比較ガイド

ワンウェイウォーターの水は、赤ちゃんの水に使っても大丈夫?

ワンウェイウォーターは日本の名水と呼ばれている3種類の水から好きな水を選ぶことが出来ます。

 

九州日田の天寿の水、富士の名水の凛、奥京都山岳山麓の京の湧き水の3種類から選べて、それぞれ水に入っている成分も異なっています。基本的にはミネラルウォーターになります。

 

ミネラルウォーターということで気になるのは赤ちゃんの水として使っていいのかどうかということです。通常はミネラルウォーターと言っても、硬度が低いものであれば問題がありません。ワンウウェイウォーターは軟水なので赤ちゃんの水としては適しているお水です。硬度や含まれる成分についても、様々なので用途に応じて選ぶことが出来ます。

 

赤ちゃん用の水としてこの中から選ぶ時は、ミネラル分の低い、できるだけピュアな水に近いものを選ぶようにしすることがのぞましいと言えます。

 

ワンウェイウォーターではお水の入っているボトルも安全に配慮されたものを使用しています。厚生労働省はお水などのボトルなどに「ビスフェノールA」を使用したものの使用を控えるように言っています。このビスフェノールAは胎児や乳児、幼児、妊婦などに悪影響を与えると言われている物質ですがワンウェイウォーターではこのビスフェノールAを使用していない安全なボトルを使っているほか、使用済みのボトルについても、リサイクルごみとして捨てられ回収はしていません。

 

ワンウェイウォーターは契約料やサーバーのレンタル無料、また配送料も無料で、水代だけの料金でいいのでリーズナブルというところでもお勧めです。