赤ちゃんの水比較ガイド

赤ちゃんの水に、RO水を使っても大丈夫?

RO水とは簡単に説明すると、不純物を人工的に取り除いた水のことを言います。ミネラル分なども含まれていない、とても純度が高い水として有名です。

 

では、このRO水は赤ちゃんの水としてはどうなのでしょうか?

 

天然水などは、ミネラルなどが含まれていて健康にもいいということで多くの人が使用しています。しかし、赤ちゃんの粉ミルクを作ったりする水としては、あまりにもミネラル分が多いともともとの粉ミルクの成分を壊したり、ミネラル過多となってしまい赤ちゃんにとってはいいとは言えません。

 

しかし、この不純物がほとんど含まれていないRO水は赤ちゃんの水として最も最適なのです。

 

ちなみに、ミネラルが多い水を料理やお茶、コーヒーなどに使うと、味に影響を与えたりといったこともありますが、このRO水は料理などの味を崩すこともなく料理に使用しても美味しいと言われています。

 

さてこのRO水ですが、「ミネラルもなにも入っていなくて美味しいの?」と思う人もいると思いますが、なにも入っていないピュアな水ということで、他のミネラルがたくさん入った天然水などよりも飲んだ感じはすっきりとした感じがするという人が多いのも特徴です。

 

RO水はもともと、NASAの宇宙食の開発のために作られたというものです。RO水を作るためのフィルターは0.0001ミクロンという小さい穴で不純物を徹底的に除去することが出来るのです。

 

そのため、このRO水は普通の浄水器では取りきれない鉛やトリハロメタン、そのほかの不純物などがしっかり取り除かれているので安心して赤ちゃんに与えることが出来ます。