赤ちゃんの水比較ガイド

赤ちゃんの水に、硬水を使っても大丈夫?

赤ちゃんの水に硬水は適しているのかどうかについて紹介しましょう。

 

よくコンビニなどで売っているお水には軟水と硬水と呼ばれているものがありますよね。赤ちゃんの粉ミルクや離乳食を作るときにどのお水を使えばいいのか迷ってしまう人も多いと思います。

 

ちなみに硬水はダイエットのときに飲むといいということで、女性などには評判のお水で一時期は大流行してなかなか手に入らなかったということもありました。

 

この硬水と軟水の違いですが、簡単に言うとお水の中のカルシウムとマグネシウムの量が多いものを硬水、少ないものを軟水といいます。

 

飲み口も軟水と硬水では違っていて、硬水はちょっと飲みにくさを感じる人も多いと思います。ちなみに硬度が高くて有名なのがコントレックスとうお水で硬度が1550もあります。

 

ちなみに赤ちゃんのミルクなどに適しているお水の硬度は60以下と言われているので、かなり違いがありますよね。

 

粉ミルクにはもともとミネラルなどの栄養成分が多く含まれているため、硬水を使うことによって、粉ミルクそのものの成分が崩れてしまうということもあるほか、ミネラルの取りすぎになってしまうので赤ちゃんにとっては良くありません。

 

赤ちゃんのお水には、硬水は好ましくないということになります。

 

もし赤ちゃんが硬水のお水を飲んでしまうと、お腹を下したり、内臓に負担がかかってしまい赤ちゃんの健康を損ねてしまうことになります。

 

赤ちゃんは大人から与えられるものを飲むしかありません。私たち大人がしっかりとお水の成分を把握して、体にいいものを飲ませてあげるようにしたいものですね。