赤ちゃんの水比較ガイド

赤ちゃんの水は何歳まで使った方がいいの?

赤ちゃんの水という名前の水ですが、何歳くらいまで使用できるのかということも思わず考えてしまいますよね。

 

この赤ちゃんのお水は、基本的にミネラルや不純物などが含まれていないピュアな水です。このような水なので大人が飲んでも大丈夫で、もちろん赤ちゃんも子供も飲める万能なお水です。何歳くらいまで使用できるかというと、大人になっても飲めますというのが本当のところです。

 

粉ミルクや湯冷まし代わりに飲ませてあげるだけでなく、赤ちゃんや子供が風邪をひいたり、おなかを壊したりして下痢をしている時などは、赤ちゃんの水を飲ませてあげると体にもお腹にもやさしいのでお勧めです。

 

ただ、この赤ちゃんの水を買い続けるのはお金もかかって大変ですよね。天然水やイオン水、水道水を沸騰させたものなどを飲ませたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

天然水などは硬度が低い60以下のものであれば、赤ちゃんでも飲むことは出来ます。硬度が高いと赤ちゃんや子供は下痢をしてしまったりすることもあるので硬度についてはきちんと確認をしてから飲ませてあげてください。また水道水については、必ず煮沸してからなら赤ちゃんでも大丈夫です。

 

お水を買ったり、自宅に浄水器を取り付けたりするとお金はかかってしまますが、安全で安心したお水を飲むというのは赤ちゃんだけでなく家族全員にとって大切なことです。

 

この際、使うお水について家族で考えなおしてみるのもいいかもしれませんね。