赤ちゃんの水比較ガイド

赤ちゃんの水に適しているのはどんな水?

抵抗力のない赤ちゃんにはやはり安全な水を飲ませてあげたいものですよね。そう考えて、水を購入したり、宅配で注文したりしている人も多いのではないかと思います。

 

赤ちゃん用の水といって、ミルクなどを作るのに適した、なにも含んでいない純粋なお水もよく見かけます。

 

赤ちゃんに適している水についてですが、最近ではたくさんの水が売られていてどれを購入していいのか悩むところです。

 

ここで気をつけたいのが大人の体にとって良いからといって赤ちゃんにもいいかと言うとそうではないということです。赤ちゃんには適していないお水もあるので注意しましょう。

 

よくあるミネラルウォーターはどちらかというと赤ちゃんには向いていません。粉ミルクなどはあらかじめいろいろなミネラルなどが調整して含まれているために、ミネラルウォーターを使うことでミネラルが多く摂取されてしまうことになるかもしれないことと、粉ミルクの栄養素自体を壊して品質を悪くしてしまうことがあるからです。

 

またイオン水というのも粉ミルクを作るのにはあまり適していない水です。

 

一番適している水は、汚染物質や不純物が含まれない安全な水ということになります。そして使用するなら軟水を使用するようにしましょう。

 

もし水道水を沸かして使用する場合などは、約20分ほど沸騰させてから使用することをお勧めします。

 

水のことばかり、注目されがちですが、赤ちゃんが使う哺乳瓶が不潔になってはもっといけません。きちんと哺乳瓶も煮沸する、または消毒液を使っておくなどして、清潔な哺乳瓶にミルクを入れるようにしたいものですね。


赤ちゃんの水は水道水じゃダメ?

赤ちゃんのミルクなどを作るのに水道水を使うのはどうかということについて悩む人も多いと思います。

 

それこそ、昔のお母さんたちは水道水を沸騰させてからそれをミルクなどに使っていましたし、そういったお水でミルクを飲んでいた人も多いと思います。

 

水道水を沸騰させてから使う場合ですが、これは本当に安全なのかどうなのかと疑問に思いますよね。

 

水道水は塩素やトリハロメタン、鉛などが含まれています。これらは有害な物質です。

 

よく、家庭用の浄水器などをつけている家がありますが、基本的に塩素やさびなどについては取り除くことは出来ますが、鉛またはダイオキシンなどは完全には取り除くことは出来ません。

 

これを沸騰させた場合はと言うと、よく沸騰することで塩素はほとんど抜けてしまいますし、ウイルスや菌などについても死んでしまいます。しかし、水道水の中に含まれている金属については100パーセント取り除くということは難しくなってきます。残念ながら水独特の臭いがなくなったから大丈夫ということにはなりません。

 

このようにすべての有害物質は取り除くことは難しいと言われていますが、水道水を使う場合は、よく沸騰させてから使うというのが基本になってきます。
さらに、浄水器などをつけていったんろ過させてから沸騰するというのが一番安全な方法になります。

 

赤ちゃんが飲む水についても注意する必要がありますが、家族全員が安全な水を飲むように心がけておいたほうがいいでしょう。